violaのリノベ団地だより

viola(40代、女性)です。リノベしてもマイペースが身上です。

5月の真夏日の着物

5月の真夏日。

暑いなか気合いを入れて、着物でお出かけしました。
暑さを乗り切ろう!という気合いです (*^^*)

5月でこの暑さでは、もう、次に単衣を着るのは
秋になってしまいそうだし、やっぱり今着ておかないと。

IMG_5738-03.jpg

行き先は美術館なので、
中に入ってしまえばエアコンが効いているだろう・・・
でも実際は、全然効いてなかった (T_T)


前日は、お楽しみのコーディネートチェック♪
着物と帯は既に決まっているので、後は小物選び。

IMG_5705.jpg

暑苦しさはないけど、落ち着き過ぎかな?

IMG_5708.jpg

こちらの方が初夏っぽい?
あれこれ組み合わせを考えるのが楽しいひととき♪

で、
このコーディネートに決定♪

IMG_5732.jpg

・ベージュ、格子柄の小紋(東レシルック、単衣)
・白×黒の博多織の名古屋帯
・紺の帯揚げ
・えんじの三分紐
・七宝焼きの帯留め

シルックの着物は自宅で洗濯できるので、
少々汗をかいても水滴がとんでも気持ちがラクです。
単衣におススメ。

モノトーンの博多帯はリサイクル品。
合わせやすそうなのが決め手でネット購入しました。
色がない分モダンで落ち着きがあります。
良いお買い物ができました〜♪

帯揚げは、ピンクベージュの小紋用に購入したモノで
今回、初登板。
三分紐と七宝焼きは通年使える優れモノ。

そして、着物の下はできるだけ薄く軽く・・・
夏用の絽の長襦袢で、タオルの補正もなしにしましたが、
それでも暑い(>_<)

「心頭滅却すれば、火もまた涼し」

せっかくの着物、せっかくのお出かけなので、
涼しい顔を作って 自分自身をだましだまし
行ってきました〜。

次は浴衣で花火大会かな?







おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


リノベーション情報サイト「リノベりす」もどうぞ (*^.^*)
↓↓↓


blog120×60






スポンサーサイト

PageTop

着物コーデの参考書♪

アマゾンのギフト券2,000円をもらったので、欲しかった本を購入♪

IMG_5631.jpg

▼原由美子のきもの暦
(フィガロブックス)
¥2,160.-


四季の着物と帯のコーディネートが載っています。
そしてエッセイも。
とんがり過ぎず、豪華過ぎず、くだけ過ぎず、
上品な雰囲気のコーディネートがツボ♪

洋服に比べて色や柄の組み合わせが自由な着物は、
自由な分コーディネートが・・・簡単?逆に、難しい???
うーん、どちらも言えると思います。

自由過ぎて難しい・・・
色は無限にある、ように私には思えます。
柄だって。
でも、それらを組み合わせる喜びが大きいのも着物ならでは。

手持ちの着物のコーディネートの参考に。

IMG_5637.jpg

黒の帯が欲しい♪

IMG_5638.jpg

水色に赤!映える。

IMG_5639.jpg

黄色の帯って意外に合わせやすい?

IMG_5645.jpg

たれの緑が鮮やか。

ページをめくりめくり、うっとりする今日この頃♪







おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


リノベーション情報サイト「リノベりす」もどうぞ (*^.^*)
↓↓↓


blog120×60






PageTop

着物で宝塚歌劇へ

宝塚「スカーレット・ピンパーネル」を観てきました♪

IMG_5433.jpg

3月の「美女と野獣」に続き、ミュージカルづいています♪
でも、この後は予定ないのでお楽しみが終わった気分・・・。

「スカーレット・ピンパーネル」、略して「スカピン」は、
宝塚ファンの友人から借りたDVDの中で一番好きな作品で、
今回、頑張って自力でチケットを取りました v(^O^)v


〜あらすじ〜
イギリス貴族のパーシーには、妻マルグリットも知らない
もう一つの顔があった。
秘密組織スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)を結成して、
フランス革命で捕らわれた無実の貴族を助けているのだ。
フランス革命政府のショーヴランは昔の恋人である、
マルグリットに近付き、組織壊滅をもくろむ。



「痛快冒険活劇」モノで、気持ち良く観られる作品、
とても良かったです(*^^*)
過去のDVDも良かったけど、演者の気迫が直接感じられる分、
今回の舞台が素晴らしかった!
宝塚観劇は3回目ですが、「スカピン」が一番感動しました。

さらに何と、松任谷由美さんも来られていて、
滅多にない有名人を見る機会にも恵まれました。

この日のコーディネートは、

IMG_5440-03.jpg

・ピンクベージュの小紋
・シルバーグレー地にバラ?の模様の名古屋帯
・オフ白の帯揚げ
・フューシャピンクの帯締め

IMG_5441(1).jpg

帯は義母のを借りました。
帯締めはこのコーディネートのために購入したものです。
濃い色で締めるという狙いと、「スカーレット・ピンパーネル」だけに
赤をどこかに入れたくて。

IMG_5446-03.jpg

劇場内は華やか、宝塚の世界です。

IMG_5448.jpg

お昼は、タカラジェンヌ御用達のサンドウィッチ店「ルマン」へ。
そういえば、カーテンで仕切られていた隣の席、
どうもお忍びの人らしかったのですが、
もしかして・・・ユーミン!?






おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


リノベーション情報サイト「リノベりす」もどうぞ (*^.^*)
↓↓↓


blog120×60






PageTop

着物で「美女と野獣」へ

3月の着物でお出かけは、劇団四季の「美女と野獣」です♪

IMG_5254-02.jpg

私の一番好きなミュージカル。
もう7,8回目くらい?何度見ても胸が熱くなります。
今回も大満足♪

IMG_5256.jpg

今日のコーディネートは、

・ピンクベージュの小紋
・グレー地に花模様の名古屋帯
・赤の道中着
・オフ白の帯揚げ
・ピンクグラデーションの帯締め

名古屋帯は、1年前に一目惚れして購入したもので、
今日が初です。
ずっとこの小紋に合わせたかったのですが、ついに実現♪
総柄なので、お太鼓の柄を気にしなくてよいので楽でした。

オフ白の帯揚げは、合わせやすくてとても重宝しています。
一番出番が多い小物です。
ピンクの帯締めで春っぽさを演出してみました・・・なんて、
本当はピリッと濃い色で締めたかったのですが持っていないので。

IMG_5252-04.jpg

赤の道中着は、義母のお友達から譲り受けたもの。
紬地なので、これが「マイ・ファースト紬」になります(*^^*)

IMG_5253-04.jpg

今回、
一番好きで、したいと思っていたコーディネートができたことで、
何となく着物愛に一区切りついた気がします。
気持ちを新たに、これからも着物を楽しんでいきたいです。



***** 着物メモ *****

【名古屋帯】
お太鼓部分の幅はそのまま、残りが半幅になっている帯のこと。
結び方は一重太鼓になり、二重太鼓の袋帯より
軽くて結びやすいです。
名前の由来は、名古屋の女学校の先生が考案したからだとか。
一般に、袋帯→名古屋帯→半幅帯の順にカジュアルになります。








おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


リノベーション情報サイト「リノベりす」もどうぞ (*^.^*)
↓↓↓


blog120×60






PageTop

着物でお出かけ 大阪城梅林

大阪城公園へ梅を見に出かけました。

IMG_5033-03.jpg

着物で来るのは去年に続き2回目。

・ピンクベージュの小紋
・白地に梅の花の名古屋帯
・フューシャピンクの道行
・オフ白の帯揚げ
・パステルグリーンの帯締め

去年のコーディネートとほぼ同じです。
でも、少しだけでも変えたくて帯揚げと帯締めを別にしました。
全体的に淡いトーンにして春らしさを♪

IMG_5161.jpg

去年はお太鼓にうまく花が出ませんでしたが、今年はクリア♪

ただ、着付けの時間は全然短くなりません (汗)
やはり月イチでは手が慣れないままなので、
もう少し頻繁に着た方がいいのでしょうね。

IMG_5018.jpg

梅は満開・・・の少し手前くらいでした。
去年より遅いようです。

IMG_5020.jpg

とても良いお天気で、梅を楽しむにはぴったりの春の陽気でした。

IMG_5042.jpg

辺りにとても良い香りが漂って、気分もリフレッシュ♪

IMG_5056(1).jpg

これは、 「思いのまま」 という梅。
1本の木に紅白2色の花がつく、珍しい品種です。

IMG_5089-03.jpg

この着物は 「やわらかもの」 で、
どちらかといえば「よそゆき」感があります。
最近は、もっとカジュアルな着物・・・紬の着物に憧れています♪

ああ、
こうしてどんどん着物の世界に足を踏み入れていくのですね (*^^*)



***** 着物メモ *****

【やわらかもの】
染めの着物のことをいい、てろんと柔らかい風合いが特徴です。
一般に、染めの着物は織りの着物より格が高いといわれ、
フォーマルな場所やお茶席などでは「やわらかもの」が
ドレスコードのようです。
反対に、織りの着物は普段着になります。









おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


リノベーション情報サイト「リノベりす」もどうぞ (*^.^*)
↓↓↓


blog120×60







PageTop