violaのリノベ団地だより

viola(40代、女性)です。リノベしてもマイペースが身上です。

モラタメ!ちょうどいい赤ワイン♪

モラタメさんからうれしいいただきもの♪

▼トゥエンティーワンコミュニティ
カサ・デル・セロ・レゼルヴァ カベルネ・ソーヴィニョン


170926-01.jpg


****************************************

モラタメ.netは新商品や話題の商品を
モラえる、タメせるサイトです。
実際に商品を試用して感想を
モラタメ.netに投稿するとポイントがもらえます。
また、モラタメ.netは生活者と企業を
結びつけることを支援するサイトでもあります。
私たち生活者の声が企業の商品開発者に届き、
より良い商品誕生のきっかけになるかもしれません。

モラタメ.netのお申込みはこちら
↓↓↓


****************************************



ワインは、しっかりした味の赤が好みです (*^^*)
独身の頃、赤ワインにバゲットで十分、
チーズがあればもう御の字♪だったワタクシ。
残念ながら現在は、赤ワインの頻度は減り、
代わりにビール類が増えつつあります (^-^;

それでもやはり、今夜はワインを飲もう!と
店先でラベルを見ながら1本を選ぶ時は、
とても楽しいひととき。
カベルネ・ソーヴィニョン とラベルにあると、
間違いない安心感を感じます。
このワインもおいしいだろうな♪

DSCN1956.jpg

たまたま立ち寄った阪神百貨店で
「北海道物産展」 が催されていたので
チーズを買って帰り、ワインのお伴に・・・。

さて、
このワインの感想を一言で言うと・・・

おいしい!
渋みとおいしさが調和したちょうどいいワインです!


色はきれいな濃い赤紫で見た目なめらか。
味わいは渋みが目立ち過ぎずいいバランスだと
感じました。
価格もお手頃。
テーブルワインは1,000円前後で選ぶことが多いので
ちょうどいいです。

おいしさも値段もちょうどいいなんて、
とってもうれしい赤ワインですね♪

気が付けば半分なくなっていました。
もう少しゆっくりペースで飲むつもりだったのに、
もったいない!
おいしくてつい油断してしまいました。

モラタメさん、
トゥエンティーワンコミュニティさん、
ありがとうございました!








おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







スポンサーサイト

PageTop

無垢床のお手入れ、オイル塗装

9月初旬、
無垢床の定期的なお手入れ、オイル塗装を行いました。

DSCN1904.jpg

今回特に気になるところ、
ソファの脚でできた傷と汚れを何とかしたいです。

DSCN1905.jpg

目の粗さが違う2種類の紙ヤスリでこすり、

DSCN1906.jpg

何とな~く、周囲にとけこませてみました!

DSCN1907.jpg

水拭きを済ませたところ。
ここから養生して、いよいよオイル塗装です。

オイル塗装自体はあっという間に終わります。
ただ、2度塗りが必要なこと、
乾燥に3,4時間かかることなどから、
どうしても1日仕事になってしまいます。

【手順】
(1)家具を移動させる
(2)床の傷や汚れを補修する
(3)掃除機をかける
(4)水拭きする
(5)周りを養生する
(6)1度目のオイル塗装(→3,4時間乾燥させる)
(7)2度目のオイル塗装(→3,4時間乾燥させる)
(8)養生を剥がす
(9)家具を戻す

うーん、やはり大掃除レベルの気合が必要ですかね。

長い乾燥時間を利用して、
1度塗り後・・・ビュッフェでゆっくり昼食、帰宅後は昼寝。
2度塗り後・・・スーパー銭湯で温泉と岩盤浴を楽しみ、
夕食も済ませて帰宅。
という風に過ごすので、楽しい1日でもあります(*^^*)

DSCN1952.jpg

オイルを塗った後は、しっとりとした感触になります♪
多少面倒でも、手入れが行き届いているのは
気持ちいいものです。

20代の頃、靴修理のおじいさんに
靴のお手入れについてお説教されたことを思い出します。

「あんたは生きてるやん。
生きてる肌に毎日お手入れとかしてるやろ。
靴の革はもう死んでしまってるんやで。
お肌以上にお手入れしてあげないとあかんよ。」

私にとっては、靴にクリームをすり込んで磨くのも
床にオイルを塗るのも同じ感覚。
どちらも持ち主である私がお手入れしてあげないと!
だからオイル塗り、楽しんでやっています (^o^)

DSCN1953.jpg

これは初めて塗装した時の区切りにできた線。
補修しても周りが日焼けしているので
白く浮いてしまいました (>_<)
この失敗以来、塗る範囲は木目に添って区切っています。


▼最近、商品名がラピッドからエクスプレスに変わりました



▼塗りやすく仕上がりが良いです










おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村








PageTop

秋の夕暮れのリラックスタイム♪

わが家は、ダイニングのキャビネット上の空間を利用して、
ちょこっと飾るモノを置いています。

DSCN1930.jpg

と言っても、通年同じですが。

DSCN1928-02.jpg

こげ茶のマットの上に、
花瓶が2つに、キャンドル風ランプが2つ、
キャンドルホルダーと赤い砂時計。

スッキリ感を出したいので、
これ以上増やさないようにしています。

DSCN1935.jpg

日に日に早くなる秋の夕暮れ時、
思いついてキャンドルをつけてみたり。
年中同じモノなので同じ雰囲気なんですが、
秋が一番しっくりきます。

DSCN1937.jpg

「イッタラ カステヘルミ」 のキャンドルホルダー、
粒々模様のゆらめきがかわいい(*^^*)


▼カラバリ豊富で迷っちゃいます




DSCN1940.jpg

キャンドル風ランプ、
わが家では 「ちろちろキャンドル」 略して 「ちろキャン」 と
呼んでいます。
本物の炎のようなゆらめき、目で追ううちに
自然とリラックスできます♪


▼わが家では夜中の足元を照らす灯りとしても大活躍




少し季節が進んで温かい飲み物が恋しくなる頃は
もっとしっくり来るのでしょうが、まだまだ日中は暑いですね (^-^;








おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







PageTop

ウタマロと無印がシンデレラフィット!

「シンデレラフィット」 という言葉をご存じですか?

まるで、シンデレラとガラスの靴のように
ぴったりとサイズが偶然に一致することだそうです。

部屋を片付けている時、そんな風に偶然ピッタリと
収まる瞬間があります。
まるで同じメーカーのシリーズ品を買ったかのように。

キタ━(゚∀゚)━ッ!!

その瞬間の気持ち良さと言ったら!

これからは
この祝福された瞬間を表現する時、
言葉に悩まなくていいのでうれしいです (*^^*)



**********



さて、わが家のシンデレラフィットをご紹介します。

IMG_6358.jpg

それは、洗面所にあります。

IMG_6354.jpg

こちら、 「ウタマロ石けん」。

頑固な汚れは、ウタマロをちょっとすり込み揉んでから
洗濯機へ入れるとたいてい落ちます。
夫がアトピー性皮膚炎で、痒みから引っ掻き傷が絶えず、
白シャツについた血液汚れもよく落ちるので重宝します♪

そのウタマロが収まっているのが、
無印良品の廃盤品、 「ポリプロピレン石けん箱」 です。

無駄な丸みや出っぱりのないシンプル極まる形が
旧viola団地の極狭な洗面台に置けた貴重サイズで、
引越し後も引き続き、石けん生活が終わるまで
気に入って使用していたものです。
廃盤品なのが惜しい・・・無印の廃盤の中の良品です。

IMG_6357.jpg

実家の母から割り当てられた?贈答品の石けんを見事に使い切り、
ハンドソープ派になった時、ウタマロを石けん箱に入れてみたら
今までのどの石けんよりもピッタリ収まりました!

ああ!気持ちいい!
形といい、色合いといい、
もうこれは、ウタマロのための石けん箱、
「ウタマロ箱」 と命名したいくらいです!

IMG_6359.jpg

ウタマロ箱、
普段は、洗面台の引き出しの2段目に入っています (*^^*)








おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村








PageTop