寝室の現状

今日は、寝室をご紹介します。

DSCN1177.jpg

寝室はベッドが二つ並べて置ければそれでよいと考え、
できるだけ省スペースに。
奥の壁1面をアクセントとして淡いグリーンにしています。
グリーンは夫の希望で、私は本当は水色にしたかったのですが、
思った以上にグリーンがしっくりきて、結果、大正解でした♪

写真には写っていませんが、照明は4隅にダウンライト4灯だけです。
この広さならそれで明るさを十分確保できると考え、
中央に照明を取り付けませんでした。
実際にできあがりを見るまではドキドキでしたが、
問題ない明るさでホッとしています (*^.^*)

DSCN1178.jpg

寝室とリビングの間は壁を造らず、可動式の扉で仕切りました。
普段は開けっぱなし、LDKと一つの空間にして使っています。
閉めると、気配がわかる程度に視線が遮られますが、
光は通すのでリビングは明るいです。
キッチンと同様、この扉もサンワカンパニーさんの製品です。

DSCN1179.jpg

開けるとこんな感じ。
吊り下げ式の扉なので床に敷居やレールがなく、
しかもLDKと同じ無垢床なので一体感があり、
広く感じられるところが気に入っています♪

計画段階では、普通に壁と扉で仕切る話も出ましたが、
そうしないで本当に良かった~♪

DSCN1182.jpg

ベッドは前の家で使っていた「無印良品」のもの。
スモールサイズといってシングルより少し幅が狭く、
二つ並べるとクイーンサイズになります。

その他、サイドテーブル、壁のファブリックパネル、壁掛け時計、
エアコンは前の寝室で使用していたものです。
クローゼット横には、玄関で使っていた
「無印良品」の「壁に付けられるミラー」を。

DSCN1183.jpg

ブラインドは、前のリビングで使っていたものです。
窓のサイズがほぼ同じだったので、自然とここに落ち着きました。

こうやって改めてみると、わが家には「無印良品」の製品が
多いですが、好きなテイストなので、
以前の昭和レトロな寝室にも現在の北欧シンプルな寝室にも
しっくり馴染んでくれて、本当に助かります (*^.^*)






おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村





ページトップ