FC2ブログ

violaのリノベ団地だより

viola(40代、女性)です。リノベしてもマイペースが身上です。

【大阪地震】家族再会と唯一の被害

「昨日の地震と今日のこと」

というタイトルで書き始めたのですが、
地震発生から数日たったのでタイトルを変えて続けたいと思います。

地震から3日目にエレベーターが復旧したことで、
我が家はほぼ普段どおりの生活に戻れています。
人生で初めて経験した、この大きな地震で書きたかったことは主に2点。

(1)
地震に遭った時、
私はどんな状況下にいて、どう感じ、考え、行動し、何を思ったか
(2)
震度5強に遭った我が家の様子と防災対策の反省と課題。


繰り返す日々の生活の中で、地震の記憶が薄れてしまう前に
自分のために書き残しておきたかったことです。
書いている途中で時間と気力が尽き、シリーズ化しています(^-^;


**********


地震に遭った場所から歩いて、ようやくたどり着いた我がviola団地。

エレベーターホールに照明の灯りが見えたので
停電が解消されたことがわかり、ホッとしたけれど、
エレベーターはまだ動いていませんでした。

ホールで会った管理員さんからは、
・地震後、団地内を巡回したが、目立った損害はなかったこと
・住民からは今のところ、ケガや救援依頼や設備損傷の報告はないこと
という話を聞くことができました。
でも、管理員さんご自身は、
電話がつながらず、家族と連絡がとれていない、とのことでした。
そんな中、viola団地のために尽力してくださっている姿を見て、感謝。

自宅のある10階へは緊張のためか、疲れず一気に上れました。

ドアを開けるとそこに、いつもどおりの光景、

熱烈歓迎してくれるまろちゃんと夫の姿

を見て、心からホッとしました!

ほんの2時間ほど前、普段どおり出勤し、見送られた家族との再会が
こんなにうれしかったことはありません。


ガラス!ガラスが割れたって、どこのガラス?

電子レンジの回転皿・・・あれが落ちてきて粉々に割れた。

電話のやりとりは聞き取りづらく、はっきり聞こえた「ガラス」という単語から、
てっきり窓が割れたと思い込んでいた私は、拍子抜けして喜びました。
その他は、窓も食器も割れていませんでした。

良かった!
とにかく家族みんなケガなく無事で・・・。


停電は1時間半ほどで復旧したそうです。

割れたガラスの掃除は、既に夫がしてくれていました。
パニックになって暴れるまろちゃんをすぐに取り押さえケージに避難させてから
掃除してくれたので、まろちゃんがガラスを踏んで足をケガすることなく済みました。

夫はその後、お隣のお年寄りご夫婦のお宅へ、声を掛けに行ったそうです。
ご夫婦は無事で、ただ室内は食器類がかなり割れて散乱している様子で、
大変そうだと言っていました。
ご夫婦から「ガスが出ない」と言われ、初めてガスが止まっていることに気付いた夫は、
(得意の)スマホ検索でガスを復帰させ、お二人から感謝されたとのこと(^O^)

大きな揺れを感知したら、安全のためにガスが自動的に遮断されるそうです。
メーターにある復帰ボタンを操作してガスを復帰させる、ということを
初めて知りました。
夫の方も、ご夫婦がとられた行動 「すぐにガスと水道を確認」 が、
勉強になったようです。

DSCN2095.jpg

これは、地震後片付けてから撮った写真です。

朝食の食パンをオーブンレンジで焼いているわが家は、
レンジの上に置いていた回転皿が床に落ちて割れ、
それが唯一のわが家の被害でした。

それでも、食器棚の扉は開き、食器はあと少しで落ちる、というところまで
動いていたそうです。
引き出しも全て引き出された状態で、中は乱れていました。

レンジも炊飯器もポットも前へ動き、
特にポットは半分ほど棚の外へ出て落ちる寸前、ギリギリセーフだったとのこと。
冷蔵庫は動いていませんでした。
多分、床がザラザラした質感のタイルで滑り止めになったのと、
幅がピッタリ過ぎて動く隙間がなかったためだろうと思います。

DSCN2093.jpg

無印の棚は、調味料の瓶と缶詰は全て落ちましたが、
左側の2つのマグカップは落ちずに残っていたそうです。
残りの2つのマグカップは朝食に使っていたのでここに置いていませんでした。
なぜ落ちなかったのだろう・・・瓶、缶詰は重く、マグカップは軽いから?
とにかく落ちた瓶と缶も割れなかったので良かったです。

この話、また次回へ続きます。








おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村 


にほんブログ村







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する