FC2ブログ

violaのリノベ団地だより

viola(40代、女性)です。リノベしてもマイペースが身上です。

台風で気付く「母の避難先は?」

夏前に茎だけ残して全部切ったモンステラ。
今はこんなに葉が茂り、以前より元気あります。
切って良かった♪

IMG_0486.jpg



**********


今回の台風19号、大阪は以前より真剣に防災を考えた人が多かった気がします。
私も万が一に備え、お風呂に水を張り、カーテンを閉めて出勤しました。
やはり去年被害に遭ったことがきっかけで大きく意識が変わりました。

前日夜にベランダのモノは全て室内へ。
非常食・用品の確認も。

関東に知人が何人かいるので、おせっかいと思いながらも、
マンションでは停電で断水になることがあるのでお風呂に水を張っておくといいよと伝えましたが、みんな既にもう知っていました。

その後、1人暮らしの実家の母に電話しました。
近所に住む弟が、すだれや庭の細々としたモノを片付けに来てくれたし、心配ないとのことでした。

もし、避難指示が出たらすぐ避難しないとね。
お母さん、歳なんだから早めに避難だよ!わかった?


避難って避難場所へ?
うーん、私は行かない・・・


えっ!?
なんで!?


聞けば、
実家の避難場所は、私の母校である小学校とのこと。
そこは実家から遠く離れた場所で、子どもや老人の足では30分近くかかるのです。
しかも、途中に幹線道路ができ、そこを横断する歩道はアンダーパス、地下通路だけなので、浸水したら通行できなくなります。
確かに今年後期高齢者になった母の体力を考えると、避難場所までたどり着けるかどうか・・・。
身体一つであっても多分無理。

「行かない」じゃなくて「行けない」だ。

えー!?そうだったの!?
じゃ、そういう時どうするの?


どうしたらいいんだろう?私も知らないわよ。

結局、電話では、弟夫婦に従って行動するように、そうするわ、で、終わりましたが、
近所には高齢のご夫婦だけの世帯や1人暮らしの世帯もあります。

高齢者が自主的に自力で避難できる場所は?

電話を切ってから調べてみたら、
隣校区の小学校も避難場所に指定されていて、そこへは歩いて10分でした。
そっちへ避難したらいいのか・・・
いやいや!
そっちへは線路を越えなければならず、そこもまたアンダーパスのみ!

んんん〜〜〜???
この問題、かなり難しい・・・。


でも、これを機に母の避難方法、避難先をしっかり考えておかないと。
弟夫婦とも相談しなきゃな・・・。
防災について、新たな課題が生まれました。





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村










スポンサーサイト



PageTop

小浜温泉の蒸し釜

少し間があきましたが、小浜温泉2日目。

台風一過の晴天のもと、海岸沿いの共同蒸し釜へ。

IMG_0290.jpg

この蒸し釜は住民も観光客も、誰でも自由に使うことができます。

さざえ、くるまえび、ブロッコリー、アスパラ・・・

ゴクリ

おいしそうな食材の名前とおおよその蒸し時間が書かれてあり、
もう、自動的に 「その口」 になってしまいますが、
ここは、食材は自分で用意するシステムですのでご注意ください。

前の売店で、ほんの少しだけ食材が売られています。
観光地なのにびっくりするほど素っ気なく、そこがまたいいんです(*^^*)

少し歩くと海鮮蒸し料理を出すお店もあっておいしいそうです。

IMG_0287.jpg

私たちは、前の売店で卵とサツマイモを購入。

IMG_0297.jpg

IMG_0288.jpg

IMG_0292.jpg

カゴを釜にそーっと下ろしたら、
蓋の上の札を「空き」から「使用中」へくるりと返しておきます。

卵は8分
サツマイモは20分

IMG_0302.jpg

あとはのんびりと足湯に浸かりながら蒸しあがるのを待ちます。
サツマイモ、小さいけど甘くてとてもおいしかった〜!

夕方なら、ここから夕陽を眺めるのがおススメ!

ここに来て
落日を見るを
常とせり
海の落日も
忘れざるべし

斎藤茂吉が歌に詠んだ
小浜の海とその先に沈む夕陽のとても美しい景色を楽しむことができます。

残念ながら今回は悪天候で夕陽を見ることはできませんでしたが、
また次に訪れた時の楽しみにしておきます。





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




PageTop

台風接近中の小浜温泉へ

「小浜温泉」に行ってきました♪

台風17号接近のタイミングで飛行機が飛ぶか心配でしたが、何とか行けました(*^^*)
でも、残念ながら
小浜温泉の絶景、海に沈む夕日は見れませんでした・・・(>_<)

台風だもの

長崎県、雲仙市にある小浜温泉。
雲仙岳の山側にあるのが雲仙温泉、海側にあるのが小浜温泉です。

関西の人にはなじみが薄い小浜温泉ですが、実はすごい温泉なんです。
まず、源泉温度が日本一で、何と沸点越えの摂氏105度!
そして、放熱量も日本一の規模を誇り、町の至るところから湯気やお湯が湧き出ています。

IMG_0146.jpg

源泉地の一つ、小浜歴史資料館にある源泉。
時折、お湯が噴き出す音がボコボコと聞こえてきます。

到着日は午後から本格的に暴風雨となりましたが、海に面している割りに思ったほどではなく・・・
地元の人によると、橘湾は穏やかで昔から水害も少ないのだそう。

2日目は台風一過。

IMG_0279.jpg

IMG_0214.jpg

白い湯気が見えますか?

道路の側溝や家の前の小さな水路。
何でもない日常の場所のあちらこちらで温泉の白い湯気が立ち上っている様子は、小浜ならではの光景。
他では見られません。
初めて訪れた時は、珍しくて仕方ありませんでした。

IMG_0274.jpg

今回は、お湯だけでなく湧き水も堪能(*^^*)

「上の川湧水」は、地元の人が日常使いする湧き水です。

IMG_0131.jpg

まず、横に置いてある柄杓ですくって・・・

えっと・・・この水、飲めるの?

飲める、飲める!

車が通る道のすぐ端にある溝、という見た目。
一瞬の躊躇はありましたが、地元の人の声に背中を押されて飲みました。

おいしい!
まろやかな水です!


この、飾り気のないところがまた良い感じ。

昔は、この場所が飲み水の汲み場で、もう少し下ったところは洗濯場だったそうです。

IMG_0277.jpg

さらに下ると小さな池になり、きれいな水に鯉が泳いでいます。

豊かな温泉ときれいな湧き水。
目の前の橘湾からはおいしい海の幸。

なのに、
寂れて住人も観光客も少ない、少ない(笑)

良いとこなのにね〜

これくらいがいいよ、ゆっくりできて

知り合いから小浜温泉の存在を聞き、訪れるのは今回で3度目になりますが、来る度にここが好きになります。
移住してもいいかな♪ と妄想するほどです。





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村






PageTop

妄想リノベ キッチン編

ご近所からシソをたくさんいただきました。

IMG_0019.jpg

コップに挿して鮮やかな緑を楽しみつつ、毎日食事に使っています♪


**********


月日の経つのは早いもの。
viola家はリノベーションして5年たちました。
つい先日、viola団地と同年代マンションのリノベオープンハウスにお邪魔してステキな内装に興奮冷めやらぬワタクシ。
わが家はもう予定ないけど、リノベの妄想を膨らませております(*^^*)


例えば、キッチン。

IMG_0023.jpg

わが家のキッチンは対面式ですが、もう一度リノベできるなら、

次は 対面式にしない かな?


なぜ対面式にしたかというと、単純に『新しい形に挑戦したかったから』です(^-^;
これまでに私が住んだ家は実家を含め、全て壁付けのI型キッチンでした。
料理好きでない私にキッチンに対するこだわりは、インテリア以外では特にありませんでした。
フルフラットの天板だと手元が丸見えになる、カウンターにして目隠しがあった方がよいと、周りからアドバイスされましたが、「どうせやるなら思い切って、今までとは真逆でいこう!」と、フルフラットの天板に挑みました。

対面式フルフラットのキッチンの一番の長所、それは、
LDKに仕切りがないので空間に一体感があり、より広く感じられること でしょう。

スッキリしたオープンキッチンは、もはやリビングの延長です。
限られた住空間を広く有効に使いたい人にはおススメ。

さらに、
キッチンで作業しながらリビング全体を見渡せ、テレビも見られます。
(テレビの内容に気をとられ過ぎないようにしないとダメですが)
まろちゃんがどこで何をしているか、特に子犬の頃は粗相の心配を気にしつつ作業できることが便利でした。
携帯とゲームをいじっている夫に、家事の細かい指令を出すことも簡単です(^O^)

反対に、困りごとは、
まな板をスマートに置く場所がないこと です。

実際に使ってみて気付いたのは、水周りには必要なモノの存在が思ったより多かった、ということでした。

・洗剤
・スポンジ
・スポンジ(掃除用)
・台布巾
・ゴム手袋
・タオル
・ハンドソープ
・包丁
・まな板
・水切りかご

スッキリしたオープンキッチンにこれら全てを今までどおり置くわけにはいかず、ほとんどを何とか他所へ移したのですが、
どうしても木製のまな板だけは良い移動先を見つけられず、不本意ながら天板の真ん中にドンと立たせてあるのです。
これが、私が対面式をやめたいと思う一番の理由です。

あと、
壁付けのI型キッチンの方が、作業する手元が明るい のが良いです。
前の壁に照明の光が反射して明るさが増していたという事実を、対面式になって初めて気付きました。
今は慣れましたが、当初は洗い物をするにも火を使うにも手元が暗く感じました。
団地キッチンの白いタイル壁と蛍光灯が恋しかったです。

そうなんです!
団地の古いキッチンが恋しいんです。
私は、スッキリシンプルなオープンキッチンより、団地の狭くてレトロなI型キッチンの方が好みなんです。
「どうせやるなら思い切って」ではなく「好きな古い団地の雰囲気を残して」すれば良かった・・・。
正直、今のキッチンは半分気に入って半分後悔しています(^-^;


・・・でも、
もう一度リノベできるなら・・・

L型キッチンがいい かな?

だって、使ったことないから挑戦してみたい(笑)





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




PageTop

不穏な天気と私の気持ち

今日は休日。
午後、ベランダに出て空の様子を眺めていました。
ムクムク湧き上がる真っ白な積乱雲、その前(私から見て)を反対方向へ過ぎ行く黒いちぎれ雲・・・
次々変わっていくので飽きることなくいつまでも見ていられそう。

南の空は一面濃い灰色。
梅田のビル群も霞んでしまっています。
ところどころ「雨柱」が見える、不穏な天候。
西の空には低い雲はなく、遠くの町、山までハッキリ見えるのに。

わが家の上空はといえば、真夏と同じジリジリと焼けつくような強い日差し。
でも、風の強さ、湿気をはらむ空気・・・間もなく天気が急変する気配は十分です。

日焼けが気になりつつも、その場から離れられず眺めていると、東の空にも雨柱が。
先ほどの南のよりも細いですが局地的に降っているようです。

部屋へ戻りました。
やがて日差しが消え、不穏な空気はどんどん高まってきます。

どうしよう・・・

さっきからずっと、買い物に行くタイミングを考えているのです。
そして買い物の間干している洗濯物の心配も。
今すぐ降ってきてもおかしくないほどの空でしたが・・・まだ降りません。
このままもつかな?

迷っていても仕方ない、行かなきゃ!

夜勤明けで寝ている夫を起こさないよう、傘を持って静かに出発。
歩き始めると、ベランダで感じたより雨の気配が濃いです!
遠くで雷も聞こえてきました。
後悔しつつ買い物していると、やっぱり激しい雨になりました(>_<)

少しためらった後、思い切って夫へ電話。

もしもし、今スーパーなんだけど
雨、降ってきたから洗濯物、入れておいてくれる?


んーーー、わかった・・・

ありがとう・・・ごめんねー


買い物を済ませて出ると、すっかり雨は上がり空は明るくなっていました。

出かけた私は雨にあうことなく、寝ていた夫は大急ぎで洗濯物を取り込むことになってしまいました。
そうならないよう、夫を起こさないよう、
グズグズしていたのに・・・結局こうなってしまって、最悪(>_<)

でも、少しホッとしました。
一昨日から喧嘩したままだったので。

夫を起こさないよう、というより、口をききたくなかったんです。
ベランダに出ていたのも同じ部屋にいたくなかったから。
でもきっと、さっきの電話で喧嘩はうやむやの内に終息。

不穏な天気は、まさに私の気持ちと同じ。

空はスッキリ晴れましたが、まだ私の心はスッキリしません(>_<)





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村







PageTop