fc2ブログ

violaのリノベ団地だより

viola(50代、女性)です。リノベしてもマイペースが身上です。

コロナ禍で変わった間取りの考え方

もう9月、夏もようやく終わりですね。
先週末は自宅のベランダから花火見物を楽しみました。
少し遠いですが、淀川と伊丹、2つの花火大会が見えるんです♪
例年は別日なのですが、何と今年は同日開催!
左と右にあがる花火をキョロキョロ・・・贅沢?いや、忙しなかったです(^O^)

IMG_6295-3.jpg

まろは途中で飽きたから最後まで見てないんですよ



**********



コロナ禍、特にこの夏の第7波では、身近な人が数名感染したのもあって
今まで以上に考えさせられました。

もし、夫か私がコロナに感染したらどうしたらいいのか?とか。
例えば、自宅での過ごし方について。
宿泊療養もありますが
自宅療養するとしたら、どこでどんな風に過ごすのがいいのか?

【madori_after】

わが家はリノベーションの時、
細かく部屋を区切るよりも広い生活空間が欲しいと
3LDKから2LDKへと部屋数を減らし、仕切りもできるだけ少なくしました。

でも、コロナ禍を体験した今では、
家族に療養が必要な時、寝室として使える個室がやっぱり必要
と感じています。

今の間取りでは独立した個室は小部屋だけですが、
広さが4.4畳と狭く、エアコン設置不可能なので寝室には不向き。

リノベーション時、PC作業や趣味で使うだろうと
簡単に考えていた小部屋でしたが、思ったほど活用できていません。
気が付けば、「物置部屋」化しているのが実情です(^-^;

もし、どちらかが病気になったら、病人は寝室、
元気な方がリビングのソファで寝ることになりそうです。
そう考えると3人掛けの大きめソファで良かった(*^^*)

リノベーションから8年たって、家に対する考えの変化はあります。
今回、間取りについての考え方も変わりました。
これから住人である私たちはどんどん歳をとっていき、
さらにどう変化するのか、興味深い、面白いことだと思います。

それにしても特に、
コロナ禍を体験する前と後では、生活や気持ちに大きな変化がありました。
日本人として、もうこれは明治維新とか太平洋戦争レベルの?
歴史に残りそうな大きな区切りとなるのかもしれないですね。





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



PageTop

次のトイレはタンク式かな!

連日、炎天下の帰宅でバテ気味です・・・(>_<)

IMG_6435.jpg

帰ったらまず、「梅シロップのソーダ割り」でクールダウン。
冷たくてほんのり甘くて炭酸の刺激がのどに気持ちいいんです。
疲れがとれていくのを感じます。
あー、おいし(*^^*)



**********



先日、知り合いのリノベーションしたお宅を拝見してきました。
戸建の3階建てで3世帯という大家族のお住まいですが、
玄関の位置まで変えた大がかりな工事で、
皆さんとても住みやすくなったと大喜びされていました。
素敵なお宅に招待して頂き、私もうれしかったです(*^^*)

チラリとトイレもチェック・・・
トイレは1階、2階に1つずつあって、どちらも「タンクレス」でした。
メーカーはそれぞれ違っていて、TOTOではなかったです。
「タンクレスなんだね」と言うと、知り合いは
「そうなの、今どきはタンクレスしかないんだって!」という返事でした。

・・・!!

心の中はものすごくザワつきましたが、これ以上言いませんでした。
どこもやはりそういう説明がなされているのかな?


**********



わが家のトイレ、次に故障したらどうすべきか考えてみました。

わが家のトイレの故障についての記事はこちら

1. リノベ8年目、トイレ故障
2. そもそも、なぜ一体型トイレに?
3. なぜ一体型トイレに決めたんだろう?

修理に来た人が言うには、
「8年目で故障というのは決して早くないです。
今のトイレは内部構造が複雑で、家電製品と同じです。
家電製品だと大体10年ほどもつと言われていますが、
トイレは湿気が多い環境にある分寿命が短く、
10年もたないことが多いです。」

と言っていました。

私も修理の様子を見ましたが、内部は基盤と配線だらけで、
トイレの内部というよりはテレビかパソコンのようでした。
一体型トイレはパーツごとの交換はできません。
そして、取扱説明書には各部品の製造は10年とありました。

つまり、
10年以上たってトイレが再び故障した時、
交換する部品がなければ修理できず、
新しいトイレに取り替える工事が必要となる可能性がある

ということです。

何てこと!
家の一部であるトイレの寿命が10年とは!
しかも、ウチの場合は使っていないウォシュレットが付いているので
こちらは新品同様の状態のままゴミになります(>_<)
まあ使っていない分、壊れるリスクは低いかもしれませんが。

1カ所壊れただけで丸ごと取替えとは、
融通がきかないというか、もったいないというか。
環境や資源や、今流行のSDGsの面からも問題ある気がします。

次に故障して取り替えとなったら・・・
その時、私が望むのは、
●単純な構造で修理可能範囲の広いトイレ
●必要最低限の機能だけ備わった故障の少ないトイレ


そう考えたら、
タンク式でウォシュレットなしのトイレ がいいです。
あはは
リノベ時に希望していたトイレでした〜(^-^;

0012_20220620124747a53.jpg

わが家のトイレはリノベ前はタンク式だったためか、
現在はタンクがなくなった分、便器と後ろの壁の間に25cm以上の
何もない空間があり、むしろここにはタンクがあった方が自然です。


次にトイレをリフォームするなら、やっぱり

タンク式 だな!

暖房便座はつけたい♪




おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




PageTop

なぜ一体型トイレに決めたんだろう?

甘くておいしい桃がひと玉ゴロゴロッと入ったかき氷。

IMG_6357_20220719194104454.jpg

人気のかき氷屋さん「大阪浪花家」のエンジェルヒップ。
大きいけどペロッといけちゃいます(*^^*)



**********



使い始めて8年で・・・
思ったより早く故障したトイレについて考えさせられる日々です。

そもそも、なぜわが家が一体型トイレになったのか???

その前に、トイレの種類とそれぞれの主な特徴、メリット、デメリットについて
簡単に説明します。

(1)タンク式
・一般的な従来のタイプ
・タンク、便器、便座の3つのパーツから成り立つ

○好みのパーツをカスタマイズできる
○低価格
○故障時はパーツごとの対応が可能
○耐久性が高い

×タンクに水がたまるまで流せない

(2)一体型
・タンク、便器、便座が一つにまとまったタイプ

○凹凸が少ないので掃除しやすい
○コンパクトでスッキリしたデザイン

×高価格(タンクレスよりは低価格)
×タンクに水がたまるまで流せない
×故障時はパーツごとの対応が不可能
×耐久性が低い

(3)タンクレス
・水をためるタンクがない

○凹凸が少ないので掃除しやすい
○コンパクトでスッキリしたデザイン
○連続で流せる

×高価格
×故障時はパーツごとの対応が不可能
×耐久性が低い


価格、カスタマイズしやすさ、耐久性から考えると、タンク式が良いと思います。
今なら絶対タンク式を選択します!


ではなぜ、一体型に決めたのか???
8年前の記憶に推察を加えると、こんな感じだったのではないでしょうか?

 ↓ ↓ ↓

トイレのプランを決めるまでにTOTOショールームへ行ったのは2度です。
1度目はリノベ担当者が同行、現在のトイレ事情について広く見学しました。
2度目は図面完成後の段階で、条件に合う製品を好みで選ぶだけだったので
リノベ担当者は同行せず私たち2人で行きました。
図面はあらかじめリノベ会社からTOTOへ送られていて、
TOTOの担当者は把握している状態でした。

担当の若い女性からトイレについて説明を受けて、製品を選びましたが、
その時私は「ウォシュレットなしの便座」を希望しました。
理由は2人とも使用しないからです。
彼女は「ウォシュレットなしのトイレはありません」と即答しました。
そして「この資料の中から選んでください」と言われ、その中から選んだのが
今の一体型のトイレです。

なぜ彼女は「ウォシュレットなしのトイレはない」と言ったのか?
ウォシュレットなしのトイレはあるのに・・・。

ここからは記憶、記録がなく私の推察になるのですが、
そもそも最初の説明段階で、彼女によって私たちは
知らず知らずのうちに希望のタイプを決められていたのではないか?
と思うんです。

おしゃれな方がいいか、じゃない方がいいか、どっち?
スッキリさせたいか、じゃない方がいいか、どっち?
コンパクトな便器がいいか、じゃない方がいいか、どっち?

こんな感じで(笑)

お客様のご希望は・・・
おしゃれでスッキリさせたくてコンパクトな便器がご希望なので・・・
一体型ですね!

さらにこんな感じで(笑)

その後で、いくら私がウォシュレットなしの便座を希望しても、彼女にしたら、
私たちは一体型を希望し、一体型にはウォシュレットなしの便座がないのだから
「ウォシュレットなしのトイレはない」という答えになり、
彼女の対応と説明に嘘はない、ということになるのでしょう。

以上が私の推察です(*^^*)


タイプを変更するのが面倒だったのかな?
単価の高い製品を売りたかったのかな?
経験が浅い人だったのかな?
図面にどこまで記されていたのか、今はもうわかりませんが、
マンションのリノベ・リフォーム工事で、既存がタンク式なら同じタンク式の
取付は可能だったはずです。

親切かつ経験豊富な人なら、
「ウォシュレットなしがご希望なら、タンク式の中から選べます」
と言ってくれていたのかもしれません。
私もどうして彼女の言葉を疑わなかったのか?
「いくらトイレ大国日本でもウォシュレットなしが選べないなんて、そんなアホな!」と。
勉強不足が悔やまれます(>_<)

些細な製品を決める時でも、後々計画変更になり得るトラブルに発展する
可能性があるので、やはりリノベ会社の人の同行がベターだと思います。





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村





PageTop

そもそも、なぜ一体型トイレに?

「県立医大」

実家のあたりでは、大きい病気をしたらお世話になる病院がここ。
子どもの頃、病弱だった弟がずっと通っていたのがここ、
20歳の時、私がメニエール病と診断されたのがここ、
両親はここで手術を受け、母は現在も通院しています。
安倍元首相が救急搬送された病院です。

ご冥福をお祈りいたします。



**********



先日、修理してもらったわが家のトイレ。

→リノベ8年目、トイレ故障

リノベ前のトイレの写真がありました。

DSCN0908.jpg

一般的なタンク式トイレでした。

トイレ、このままで良かったけどな・・・

8年で故障し、修理に3万円かかるトイレだと知ったら
そういう気持ちになります(泣)

でもこの写真をよく見ると、洗面台の横に水道管らしきモノが写っています。
水道管はリノベ工事で動かせないもので、今はトイレ便器の横にあります。

壁に断熱材を入れた分、外壁がセットバックして
トイレの位置が洗面所側にずれたようで、
あのトイレをあのままでは使えなかったみたいです。
まあ、いったん取り外してつけ直してもらうことはできたでしょうが。


それにしても、なぜこのトイレになったのか???

わが家のトイレは、TOTO GG1 という一体型トイレです。
そもそも私たちはウォシュレットを使用しないので
ウォシュレットなしのトイレを希望していたのですが、
ショールームで「そんなトイレはない」と言われ、断念したのです。

でも、TOTOのサイトを見るとありますよ、普通のトイレが。
何でこういうことになったんでしょう???
狐につままれた気分です。
私が求めるのは、高機能より壊れにくいトイレなのに・・・。

0012_20220620124747a53.jpg

とは言え、この空間はお気に入り(*^^*)





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




PageTop

リノベ8年目、トイレ故障 (>_<)

フルリノベーションして今年で8年目、トイレが故障しました(>_<)

0012_20220620124747a53.jpg

わが家のトイレ。
2014年リノベ時に撮影してもらった写真です。
さすがプロのカメラ!
私のデジカメ&スマホではこんな風に全体が収まり切りません。


**********


普段は何事もないのですが、
何かの拍子に【流す】ボタンを押しても流れなくなるんです。

初めてこうなったのは、
忘れもしない、私が親知らずを抜いた日の夜中・・・

大変!トイレが流れない・・・(泣)

抜歯の痛みでウンウン苦しんで寝ているところを
夫に揺り起こされました。
夫は自分で何とかするより誰かに何とかしてもらうタイプ(怒)

取説を引っ張り出していろいろ試してみましたが、
最終的にトイレ本体の右奥にある、非常用フックを引っ張ることで流れました。
流れることは流れましたが、
その後数分間は・・・水がたまるまで・・・トイレは使えませんでした。

その後、2か月の間に同じ現象が3度あったので、
TOTOに修理をお願いしました。

修理の人に確認してもらったところ、異常な箇所は見当たらないとのこと。
ですが、同じ現象が起きる頻度が今後高くなっていくと予想されるので
今のうちに部品交換を勧められました。
費用は31,020円です。高い!
でも、場所がトイレなだけにどうしようもなく、お願いすることに(>_<)

IMG_6136-02-2.jpg

これは明細です。
交換した部品は3つ、排水弁、フロートスイッチ、モーター。

部品代が
排水弁 9,100円
フロートスイッチ 1,250円
モーター 2,550円
合計12,900円

作業代が
基本料金 1,600円
排水弁 6,400円
フロートスイッチ 1,600円
モーター 3,200円
合計12,800円 ←部品代と作業代がほぼ同額なのは偶然?

これに訪問料金2,500円と消費税で、合計31,020円でした。


**********


リノベ計画当初、わが家はウォシュレットを使わないので
「トイレはウォシュレットなし」を希望しました。
ところが、そんなトイレはないとのことで、選択の余地がなかったんです。

TOTOの修理の方から伺った話では、
「家電製品は一般的に使用年数10年と言われるが、
トイレにおいてはもっと短く、10年もちません」

とのこと。

確かに、修理中に見せてもらったトイレ内部は、基盤と配線が複雑に入り組み、
もはやトイレではない『精密機器』といった様相でした。
便利でかゆいところに手が届くモノは寿命が短いのですね。
私はトイレなんて「フタが付いていれば御の字」くらいの必要最低限の
シンプルなモノで良かったんですが。

でも、ウォシュレットは使っていませんが、
「温かい便座」、「消臭機能」、「掃除しやすさ」
この恩恵にしっかりとあずかっているので感謝しないといけませんね。
無事、部品交換も済んだことですし、これからまたよろしくお願いします(^O^)


**********


IMG_6002.jpg

まろのトイレは1年目で壊れましたよ〜!

それは、まろちゃんがいっぱい噛んだからだよ〜(^-^;





おつきあいくださり、ありがとうございました。
クリックしていただけたらうれしいです (*^.^*)
↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村







PageTop